10月大掃除のすすめ!

投稿者: | 21/10/08

10月に入っても全国で夏日になったりと残暑が続きますね。
とは言っても、流石に朝晩は過ごしやすくなりました。

さて、この時期のおすすめは、大掃除です!
寒くなる前、気持ちに余裕のある時期がベストです。
忙しい方こそ早めに済ませて、年末を楽にしておきましょう!

重曹とセスキ炭酸ソーダとセスキ液スプレー

1・冷凍庫の整理

  異常に暑かった夏。今も冷凍庫がギッシリ…
  もう何が入っているのか覚えていない…
  
  一度全部出して点検しましょう。

  意外な掘り出し物?があるかも!
  冷凍庫に空きができたら心もスッキリ!
  冷蔵庫の表面は、セスキ液をスプレーして拭けばピカピカに!

  これからの季節、冷凍庫にあると便利なのは
  
  油揚げ… 油抜きして切っておく
  里芋 … 皮をむいて切っておく
  生姜 … すったり、輪切りなどに
  もちろん、美味しい干物を忘れずに!
  
  油揚げや里芋は豚汁が時短になり便利です。
  生姜も急いでいる時、助かります。
  さあ、干物を注文しなくちゃ!

2・ガスコンロ、換気扇、グリルの大掃除

  一番大変な場所で、憂鬱ですよね。
  「楽々グリルのお掃除のコツ」はコチラをどうぞ。

  さて、コンロやキッチンの壁などは応用編です。

  スプレー容器に 水500mlとセスキ炭酸ソーダ5gを入れて用意します。
  そのセスキ液をスプレーしてから、古いスポンジで軽くこするだけ。
  
  拍子抜けするほど簡単にきれいになります。
  仕上げにお湯で濡らした雑巾でふけば終了です。
  
  コンロの五徳は、洗剤付きスチールウールがおすすめです。

  換気扇は、タイプによって掃除のやり方は違いますが
  基本、外せるところはセスキ液と重曹でOKです。
 
  ベトベトしている汚れは、重曹を粉のまま振りかけて紙か
  不要な布などでふき取ります。落ちるまで繰り返します。
  コツは、油汚れを重曹に吸わせるイメージで多めに使うこと。

  セスキ液を併用すると効果的ですよ。
  乾燥している汚れは、セスキ液をスプレーしてこすります。
  どちらも、つけ置き不要! なので気軽に出来ます。
  汚れが落ちたらお湯で流して、拭けば終了です。

  外せない場所は、セスキ液を紙か不要な布に付けてふき取ります。
  細かい所は割り箸などを利用しましょう。

  この方法で掃除すると、プロ並みの仕上がりです!

3・お風呂掃除も重曹で!

  湯垢も “あぶら” なので重曹で落ちます!
  
  床、桶、椅子などは、重曹を粉のままスポンジやブラシでこすります。
  浴槽は、セスキ液をスプレーして軽くこすればOKです。
  
  排水溝もゴミを取ったら重曹を多めに振りかけてこすります。
  細かい網状には、古い歯ブラシが便利です。
  鏡にもセスキ液をスプレーして拭きます。

  軽いカビには、食用酢を薄めて拭いておくと効果的です。
  匂いは直ぐに消えるし、高い場所でも安心して掃除出来ます。
  お風呂場に重曹とセスキ液を置いておくと、便利ですよ。

  実は、家中の汚れにも応用出来ます。
  色々な専用洗剤より環境に優しいのも魅力です。
  忙しい日々、少しでも楽にお掃除したいですよね。
  
  お掃除を頑張った日の夕飯は
  簡単に美味しい干物で楽をしましょう。
  さあ、干物を注文しなくちゃ!

  オンラインショップはコチラから→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。